【志村勝洋(Bigarm)の死因や痩せた姿について】

投稿日: 作成者: entertainment-splash

筋肉系YouTuberとして知られる志村勝洋(Bigarm)さんが、2023年3月11日に亡くなったことが報じられました。

彼の死因は、公式には明らかにされていませんが、ステロイド使用歴があったことから、心不全が原因の可能性が高いと報じられています。

また、4か月前にステロイドを卒業したとの情報もあり、その影響も考えられます。

本記事では、志村勝洋さんのプロフィールや死因、痩せた姿について調査し、考察していきます。

【志村勝洋のプロフィール】

志村勝洋さんのYou Tubeより

志村勝洋(しむらかつひろ)さんは、日本の筋肉系YouTuberであり、パーソナルトレーナーでもありました。

彼は、21年間にわたりステロイドを使用していたことを公言しており、その経験からステロイドの危険性についても語っていました。

彼の全盛期には、体重が120kg以上あり、腕の太さは60cmを超えて2ℓペットボトル2本半分以上あったと言われています。

最近は、ステロイドを卒業してから体重が90kgまで落ちたと報じられていますが、それでもまだまだマッチョな体型を維持していました。

【志村勝洋の死因】

志村勝洋さんのSNSアカウントより

志村勝洋さんの死因は、公式には明らかにされていませんが、ステロイド使用歴があることから、心不全が原因の可能性が高いと報じられています。

ステロイド使用は、急性心不全や心臓病、白血病の危険性があるとされています。

さらに、2022年には、ボディービルダーの北村克哉さんも、急性心不全により亡くなっています。

志村勝洋さんも、自身のYouTubeチャンネルで、ステロイド使用についてアドバイスや分析を行っていましたが、長期間の使用が死因に関連している可能性が高いと考えられます。

【志村勝洋の痩せた姿】

志村勝洋さんは、ステロイド使用を卒業したことで、以前のように筋肉がつかなくなり、痩せた姿になっていました。

彼のステロイド使用による筋肉増強は、一時的なものであり、減量期には筋肉が落ちやすいというリスクもあるとされています。

ステロイド使用による健康リスクや副作用を考慮すると、健康的な減量が望ましいとされています。

【世間の声】

志村勝洋さんの死について、世間からは悲しみの声が上がっています。

彼のYouTubeチャンネルでは、多くの人々が彼のトレーニング方法やステロイド使用について学んできました。

しかし、彼の死は、ステロイド使用のリスクや健康への影響を再度考えさせる出来事となりました。

多くの人々が、健康的なトレーニング方法や減量方法を学ぶことが重要だと話しています。

【まとめ】

志村勝洋(Bigarm)さんは、筋肉系YouTuberとして知られ、21年間にわたってステロイドを使用してきました。

彼は、ステロイドの危険性についても語っており、ステロイド使用による副作用や健康リスクを意識していました。

彼が2023年3月11日に亡くなったことは、ステロイド使用による健康リスクに再度警鐘を鳴らす出来事となりました。

彼の死を受けて、多くの人々が健康的なトレーニング方法や減量方法を学ぶことが重要だと話しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。