【侍ジャパンWBC1次R視聴率、サッカーW杯越えの歴代1位記録を更新】

投稿日: 作成者: entertainment-splash

日本代表野球チーム「侍ジャパン」が出場する「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の1次ラウンド(1次R)が開催され、そのテレビ視聴率が話題となっている。

今回の1次Rでは、日本代表が韓国、チェコ、オーストラリアと対戦し、いずれの試合も40%超の高視聴率を獲得した。

特に、韓国戦では歴代1位の平均世帯視聴率44.4%を記録し、サッカーワールドカップ代表戦をも上回る数字となった。

本記事では、侍ジャパンWBC1次Rの視聴率について詳しく解説する。

【1. WBC1次Rとは?】

WBCは、野球界の国際大会であり、各国代表が出場して争われる。

侍ジャパンは、日本代表野球チームであり、大会に出場するたびに多くの野球ファンが注目している。

WBCの1次Rは、各国代表が出場する最初のラウンドであり、勝ち上がりをかけて戦う試合が続く。

侍ジャパンは、今回の1次Rで韓国、チェコ、オーストラリアと対戦した。

【2. 韓国戦で歴代1位を獲得】

韓国戦は、平均世帯視聴率44.4%、平均個人視聴率28.9%を記録し、WBC中継歴代1位となった。

これは、テレビ朝日で放送された昨年11月のサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ日本-コスタリカ戦の42.9%を上回る数字である。

侍ジャパンの野球に対する人気や国際的な大会に対する注目度の高さが反映された結果と言える。

【3. チェコ戦、オーストラリア戦でも高視聴率をマーク】

【動画】「バケモンすぎて草」大谷翔平の看板直撃の3ラン

韓国戦に続き、チェコ戦とオーストラリア戦でも高視聴率を記録した。

チェコ戦では、平均世帯視聴率43.1%、平均個人視聴率28.7%を記録。オーストラリア戦では、平均世帯視聴率43.2%、平均個人視聴率28.7%を記録した。

このように、侍ジャパンのWBC1次Rに対する注目度が非常に高く、多くの人々がテレビ視聴につながっていることがわかる。

【4. サッカーワールドカップ代表戦をも上回る数字】

サッカーワールドカップカタール大会

韓国戦での平均世帯視聴率44.4%は、昨年のサッカーワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ日本-コスタリカ戦の42.9%を上回り、歴代1位となった。

この数字は、日本国内におけるスポーツイベントにおける最高視聴率を記録したことを意味している。

このような数字が出る背景には、侍ジャパンに対する国民の熱い支持や、野球ファンが多いことなどが考えられる。

【5. 視聴率の背景にある要因とは?】

侍ジャパンのWBC1次Rの高視聴率には、さまざまな要因が考えられる。

まず、侍ジャパンに対する国民の熱い支持があることが挙げられる。

野球は、日本において非常に人気があり、侍ジャパンの国際大会における活躍には、多くの人々が注目する。

また、WBCは、各国代表が出場する唯一の国際大会であり、日本代表の戦いを見たいというファンが多いことも背景にある。

さらに、WBCの放送権を持つテレビ局が日本国内に複数あることも、視聴率の高さにつながっていると考えられる。

【6. まとめ】

侍ジャパンのWBC1次Rでの高視聴率は、日本における野球ファンやスポーツファンの熱い支持の表れであり、歴代1位の記録を更新するほどの大きな話題となった。

特に韓国戦では、平均世帯視聴率44.4%という驚異的な数字をマークし、サッカーワールドカップ代表戦をも上回った。

また、チェコ戦やオーストラリア戦でも高視聴率を獲得している。

視聴率の背景には、侍ジャパンに対する国民の熱い支持や、日本における野球人気、WBCの唯一の国際大会であることなどが挙げられる。

これからも侍ジャパンの活躍に注目が集まることは間違いなく、次の試合でも高視聴率が期待される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。