【収益激減ユーチューバー、事務所引っ越しで家賃100万円ダウン 内装に衝撃「これはやりすぎやろ」】

投稿日: 作成者: entertainment-splash

昨今の情勢において、多くのビジネスが打撃を受けています。その中で、オンラインでの活動が求められるYouTuberも例外ではありません。今回は、人気YouTuberであるラファエル氏が、広告収入の激減に伴い事務所を引っ越したことを報告し、その内装に衝撃を受けたエピソードが話題となっています。

【広告収入の激減】

「給与明細」より

ラファエル氏は、2010年代からYouTubeでの動画配信を始め、多くのファンを獲得してきました。しかし最近、広告収入が1/10に落ちたことを明かし、現状を赤裸々に語っています。このように、YouTuberの主要な収入源である広告収入が激減することは、彼らにとって大きな打撃となります。

【家賃100万円ダウン】

このような状況に陥ったラファエル氏は、家賃削減のため事務所を引っ越すことを決断しました。都内の一等地である前の事務所から、東京・港区にある破格の家賃3万8千円の新事務所に引っ越したと報告しています。彼が事務所内の狭さに衝撃を受けたエピソードは、SNS上で大きな反響を呼んでいます。

【内装に衝撃】

ラファエル氏が初めて訪れた新しい事務所は、古いマンションの一室でした。入口に掛けられた懐中電灯や、和式トイレ、エアコン設置の構造上窓が常に半開きの状態など、内装にはかなりの問題があるようでした。特に、トイレが今どき珍しい和式であることに彼は驚き、「これはやりすぎやろ、いくら何でも」とため息をつきました。また、スタッフから「港区で家賃3万8千円ですよ?」と告げられた時には、内心で「これとは思わんやん」と感じたそうです。それでも、ラファエル氏は感謝すると、ラファエル氏は、「貸してくださった大家さん、ありがとうございます。迷惑かけないようにやりますけど…」と感謝を伝えた上で、スタッフに向かって「大竹しのぶの『黒い家』でもこういう家でてきたぞ…」と冗談を飛ばしました。最後には、「初心に戻ってやらせていただきます」と決意を新たにしたことを報告しました。

【まとめ】

ラファエル氏のように、広告収入が激減したYouTuberは多く存在します。彼らは、自分たちのビジネスモデルを見直し、収入源の多様化やコスト削減などの対策を講じる必要があります。その一例として、家賃削減が挙げられます。彼らは、自分たちの状況に合った事務所を探すことが必要です。

一方で、一般のビジネスパーソンにとっても、このようなYouTuberの事例から何かを学ぶことができます。ビジネスにおいては、収益が減少した場合には、必ずしも高額な家賃を支払う必要はありません。コスト削減の対策を講じることができる場合には、事業継続のためにも積極的に取り組む必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。