【大川隆法の死因は脳梗塞!自宅は白金の大豪邸!?】

投稿日: 作成者: entertainment-splash

幸福の科学の創設者であり、総裁であった大川隆法氏が、66歳の若さで亡くなられたことが報じられています。2023年2月28日に都内の自宅で倒れ、その後病院に搬送されたものの、翌日に死亡が確認されたとのことです。教団側は、大川隆法氏の現在の状況についてコメントを差し控えているとしています。

この記事では、大川隆法氏の経歴や死因、自宅について紹介します。

【1. 大川隆法の経歴】

大川隆法氏は1956年7月7日、徳島県に生まれました。宗教家であり、幸福の科学グループの創業者であり、総裁でもありました。大川隆法氏は、3100冊の著書を執筆し、450曲を超える作詞作曲を手掛けており、その膨大な創作活動は、多くの人々から支持を受けていました。

幸福の科学は、2018年時点で日本国内に1000万人、海外で100万人の信者がおり、毎年増加傾向にあります。

【2. 大川隆法の死因は脳梗塞】

大川隆法氏が倒れた原因として報じられているのは、脳梗塞であるということです。教団関係者の証言によると、大川隆法氏は2月28日に自宅で倒れ、渋谷区内の病院に救急搬送されました。しかし、翌日に死亡が確認されました。ワクチンの影響についても、調査されましたが、大川隆法氏は接種していなかったとされています。

【3. 大川隆法の自宅は白金の大豪邸!?】

大川隆法氏の自宅があった場所は、白金の高級住宅街にあります。彼の自宅は、約620坪の土地に建てられており、土地だけで20億円とも言われています。また、総工費は30億円以上とも言われ、航空写真で見ると、非常に大きな豪邸であることがわかります。

この自宅は、幸福の科学の本部としても使われており、敷地内には彼や信者たちが生活していたとも言われています。また、この自宅に関しては、固定資産税を回避しているとの指摘もあり、一部で議論を呼んでいます。

【4. 世間の声】

大川隆法氏が亡くなったことを受け、ネット上では様々な意見が寄せられています。

「後継者対策は十分されていたのかな」

との疑問の声や、

「一時的には体裁は保てるだろうが、内部紛争、勢力争いなんてものもおこりそうだね」

との懸念の声が挙がっています。

また、「倅がyoutubeに反幸福の科学でよく出ていたけど、親父の遺留分だけでも財産の一部は引き継げるから、相当な額になりそう」といったコメントも見られます。

さらに、「大川氏はその主張や幸福の科学の教義によると、エル・カンターレという最高神が受肉した存在で、その地位はイエスや釈迦より高いという。さて、イエスより高い地位にあり、より神に近いはずの人間が死ぬのか、という疑問もあるし、死後に復活するのか、というのも気になる」との意見もあります。

【5. まとめ】

大川隆法氏の突然の死去により、幸福の科学の信者や多くの人々に悲しみが広がっています。彼は総裁として幸福の科学を築き上げ、数多くの著書を残してきました。しかし、彼自身の生き方や幸福の科学の教義に対して批判的な声も多く、彼の死去によって憶測や疑問が出されている状況です。また、彼の自宅が非常に大きな豪邸であることも話題となっており、固定資産税を回避しているとの指摘もあります。彼の死去によって、幸福の科学や彼自身に関心を持っている人々にとって、今後の展開が注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。