【WBC】大谷翔平選手の活躍が生み出した「大谷ルール」ってなに?

投稿日: 作成者: entertainment-splash

大谷翔平選手の二刀流での活躍が話題となり、彼のプレーを取り巻く独自のルールが誕生しました。

それが「大谷ルール」です。

この記事では、そもそも「大谷ルール」とは何か、その正式名称や採用された理由、そして今後の展開について詳しく解説します。

【大谷ルールとは?】

「大谷ルール」とは、MLB(メジャーリーグ)で大谷翔平選手が投手として登板しながら同時に打者としても出場することができる、二刀流選手に対する新たなルールです。

具体的には、先発投手が指名打者(DH)をかねている場合、マウンドを降りたあとも指名打者(DH)として試合に出場できることが許されます。

これにより、二刀流選手が活躍しやすくなったとされています。

【大谷ルールがなぜ導入されたのか?】

2020年 エンゼルスこうなる/スポーツ報知

大谷ルールが導入されたのは、大谷翔平選手のような二刀流選手が活躍しやすくするためです。

それまでのルールでは、投手が登板すると同時に打者としても出場できなかったため、二刀流選手が十分に活躍することができませんでした。

実際に、大谷選手が二刀流で出場した際には、指名打者(DH)制度に従って、投手としてマウンドに上がった後は打席に立てず、代わりに他の選手が打席に立ちました。

このような状況が二刀流選手には不利であることから、大谷ルールが導入されることになりました。

【大谷ルールを導入する前の例】

実際に、エンゼルスで大谷選手が二刀流で出場した試合を例にあげて考えてみましょう。

指名打者(DH)制が採用されていない国際大会であるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では、大谷選手が投手としてマウンドに上がると同時に打者としても出場することができませんでした。これは、WBCのルールで投手が打者としても出場することを禁止しているためです。

このような制約があったため、大谷選手はWBCでの二刀流での活躍はできませんでした。

しかし、MLBで大谷ルールが採用されたことで、二刀流選手が活躍する環境が整いました。

【大谷ルールの正式名称は?】

「大谷ルール」の正式名称は「Ohtani Rule」といい、アメリカの辞書「dictionary com.」に新語登録されるほど、大谷選手の活躍が注目されたことを物語っています。

【日本のプロ野球でも大谷ルールが採用される】

2023年に日本のプロ野球でも大谷ルールが採用されることが決定しました。

これにより、日本でも二刀流選手が活躍する場が広がり、野球ファンの期待が高まっています。

【まとめ】

大谷翔平選手の二刀流での活躍によって、生まれた「大谷ルール」について解説しました。

このルールが導入されたことにより、二刀流選手が活躍しやすくなったという点が特徴的です。

今後は、日本のプロ野球でも大谷ルールが採用されることが決まり、二刀流選手の活躍がますます期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。