【ヌートバー選手がなぜWBC日本代表なのか?母親は日本人で美人すぎると話題!】

投稿日: 作成者: entertainment-splash

アメリカ国籍のメジャーリーガーであるヌートバー選手が、2023年のWBC(ワールドベースボールクラシック)に日本代表として選出され、話題を集めています。一方で、彼がアメリカ国籍なのになぜ日本代表として選ばれたのかという疑問が持たれる方も多いでしょう。

実は、ヌートバー選手の母親は日本人であり、日本国籍を持っているということが理由のひとつです。また、彼は子どもの頃から日本のプロ野球選手に憧れていたそうで、その影響もあったと考えられます。

そこで、今回はヌートバー選手がなぜWBC日本代表に選ばれたのか、そして母親についても詳しく紹介していきます。

【1. ヌートバーはアメリカ国籍!なぜWBC日本代表に!?】

ヌートバー選手は、1997年にアメリカ合衆国のカリフォルニア州で生まれました。彼は身長190cm、体重95kgという体格の良さと、スピード感あふれるプレーが特徴的で、現在はメジャーリーグのセントルイス・カージナルスで活躍しています。

しかし、なぜ彼がWBCの日本代表として選ばれたのでしょうか?

WBCの出場資格は、以下の条件のいずれかに該当することが必要です。

①当該国の国籍を有する

②当該国の永住資格を有する

③当該国で出生した

④本人の親のどちらかが当該国の国籍を有する

⑤本人の親のどちらかが当該国で出生した

このうち、ヌートバー選手は母親が日本人であり、日本国籍を持っているため、条件④に該当します。さらに、彼の母親は埼玉県出身で、日本で生まれたため、条件③にも該当します。このように、複数の条件を満たすことで、ヌートバー選手は日本代表としてWBCに出場することができることになりました。

また、ヌートバー選手が日本の野球に関心を持つようになったのは、子どもの頃に観たプロ野球の試合がきっかけだったといいます。特に、当時日本のプロ野球界で活躍していた斎藤佑樹選手に憧れ、帽子のツバをあげていたそうです。このような縁もあって、ヌートバー選手が日本代表に選ばれたことは、彼にとっても特別な意味を持っているのかもしれません。

【2. ヌートバーの母親は日本人で美人すぎる!】

ヌートバー選手の母親は、日本人とアメリカ人のハーフであり、名前はクミ・エノキダ・ヌードバーといいます。彼女は日本の埼玉県出身で、現在はアメリカ在住です。

クミさんはとても美人で、ヌートバー選手がInstagramに投稿した写真では、彼女との親子ショットも公開されています。二人がともに笑顔で写っているその姿は、微笑ましいものでした。

なお、ヌートバー選手にはお兄さんとお姉さんもおり、兄のナイジェルさんは彼と瓜二つの容姿で、姉のジャディンさんも美人であることが知られています。

【3. ヌートバーの経歴プロフィール】

ヌートバー選手は、2018年のMLBドラフトでセントルイス・カージナルスから8巡目で指名を受け、プロ入りしました。2021年には、メジャーリーグデビューを果たし、その後も実力を発揮しています。

彼はアメリカ国籍であり、日本の野球には縁がないように思えますが、日本とのつながりは深いものがあります。彼がWBC日本代表としてプレーすることで、世界の野球ファンにも注目されることでしょう。

【4. まとめ】

メジャーリーグで活躍するヌートバー選手が、日本代表としてWBCに出場することが決定し、日本の野球ファンを驚かせました。彼が日本代表としてプレーすることで、世界の野球ファンにも注目され、WBCが盛り上がることでしょう。

また、彼が日本代表に選ばれるきっかけとなったのは、彼の母親が日本人であることでした。彼女はとても美人で、ヌートバー選手との親子ショットも微笑ましいものでした。

ヌートバー選手がWBC日本代表としてプレーすることで、日本とアメリカの野球界の架け橋となることが期待されます。彼の活躍に、今後も注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。