「マスクを外すのが怖い」日本人女性が”マスク依存”に陥る深いワケとは?

投稿日: 作成者: entertainment-splash


2023年3月13日からマスク解禁となったことで、多くの人がマスクを外すことが増えるかもしれません。

しかし、日本人女性の間には「マスクを外すのが怖い」という意見も聞かれます。なぜ彼女たちはマスクを外すことに抵抗を感じるのでしょうか?

日本文化や心理学、歴史的背景などから、マスク依存に陥る女性たちの心理を探ってみたいと思います。

【マスク依存とは?】

マスクがなくても怖くない!「涙袋、チーク、まつげ、リップの盛り技」

マスク依存とは、マスクを常につけていたいという強い欲求を持っている状態を指します。

マスクを着用することが日常化し、外すことに不安を感じる人もいます。

マスクが外せない状態に陥ることで、社会的な罰則や批判を受けることを恐れるようになることもあるでしょう。また、マスクをつけることにより、自分自身や周りの人を守っているという安心感があるため、マスクを外すことに対して罪悪感や恐怖感を感じる人もいるかもしれません。

【日本のマスク文化の歴史】

日本では、感染症対策アイテムとして、100年以上前からマスク文化が定着しています。

それ以前にも、江戸時代には遊女が顔を隠すために「顔隠し」という布を用いていました。

しかし、本格的なマスクの普及は、1918年のスペイン風邪流行に端を発します。

当時、東京都内で6,000人以上の人々が病死するという大災害が起きたため、感染症対策の必要性が高まりました。

そこで、医師の山田耕筰が綿製のマスクを開発し、これが広く普及することになります。

また、戦後の混乱期には、病気予防のためにマスクが必要とされ、マスクが生活必需品として定着していったのです。

【マスク美人】

マスクが生活必需品となっている日本において、女性たちはマスクを美しく見せるための工夫をしています。

例えば、マスクの柄やデザインにこだわることで、自分自身の美しさをアピールする女性も多くいます。

また、マスクに合わせたメイクやアクセサリーを取り入れることで、より一層美しく見えるように工夫しているのです。

【マスク着用と女性の見た目に対する意識】

日本では、女性の見た目に対する意識が非常に高く、美容やファッションに対する投資額も世界的に見て高いと言われています。

マスクが装着されることで、口元や頬などが隠れるため、女性たちは自分の顔が隠れてしまうことを不安に感じることがあります。

しかし、一方で、マスクを着用することで、口紅を塗らずとも周りからの評価が高くなるという意見もあります。

また、肌荒れや口臭の心配がなくなるため、マスクをつけることが美容につながるという意見もあるのです。

【個人の判断と社会的圧力】

マスクの着用は、個人の自由であり、義務ではありませんが、日本では、マスクをつけていないと周りからの目線が厳しくなることがあります。

特に公共交通機関や店舗などでは、マスクを着用しないと入店や乗車を拒否されることがあるため、社会的な圧力がかかることもあります。

そのため、マスクをつけることが当たり前の状況が生まれており、マスクを外すことに抵抗を感じる女性も多いという現状があります。

【まとめ】

マスク依存が問題視されるようになってきていますが、女性たちがマスクを外すことに抵抗を感じる理由は、単に感染症予防のためではなく、彼女たちが抱く美意識や価値観に根ざしたものであることも考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。