【米国、WBC決勝へ勢い止まらず! ターナーが躍動、キューバに圧勝】

投稿日: 作成者: entertainment-splash

【1. ゲーム概要】

第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝が2023年3月19日、ローンデポ・パークで行われ、前回覇者である米国がキューバに14-2で圧勝し、決勝進出を果たしました。

【2. 米国攻撃陣の活躍】

3回1死満塁、アロンソが適時打を放つ=東直哉撮影

試合の初回、キューバが先制点を挙げるも、米国は直後にゴールドシュミット(カージナルス)が逆転2ランを放ち、流れを引き寄せました。2回にはターナー(フィリーズ)が2戦連発となる左越えソロで加点し、3回にもアロンソ(メッツ)の左前適時打や犠飛でリードを広げました。4回にはアレナド(カージナルス)が右翼線適時三塁打でさらに追加点を上げ、6回にターナーが2本目の3ランホームランを放ち、試合を決定的なものにしました。

【3. キューバの抵抗と米国の巧みなピッチング】

キューバは初回に米国先発ウェインライト(カージナルス)に対し、先頭から3連続内野安打で満塁とし、押し出し四球で先制するも、その後はウェインライトが無死満塁のピンチを1失点で切り抜けました。その後、米国の継投もキューバ打線を抑え込み、終盤の展開を制しました。

【4. 今後の展望】

米国はこの勢いを持って決勝戦に臨み、連覇への期待が高まります。一方、敗れたキューバは3位決定戦で勝利を目指し、健闘を見せたいところです。

【5. まとめ】

WBC準決勝で米国がキューバに圧勝し、決勝進出を果たしました。ターナーの活躍が特筆され、チーム全体で4発14安打と打線が爆発しました。また、ウェインライトをはじめとする投手陣もキューバ打線を抑え、堅実な勝利を収めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。